ここから本文です。

遙か凍土のカナン6 さらば、愛しき姫君

遙か凍土のカナン6 さらば、愛しき姫君

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-139932-7
発売日
2015年12月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

時に、一九〇七年冬。

身重の妻を救うため、中央アジアを再訪した新田良造を待ち受けていたのは、"赤毛の族長(ジニ・イスカンダル)"の銃口と、自らを愛した"天使(ジブリール)"の見る影もなくやつれ果てた姿だった──。

大立ち回りの末にジブリールを強奪し、帰途についた良造だったが、チタで異常気象による大雪に見舞われ、シベリア鉄道が封鎖されてしまう。

それでも帰路を急ぐ良造は、自作の橇で一路プーチンスクを目指す。

懐かしい家で帰りを待つのは彼女ではなく、彼の心を凍てつかせる哀しき報せだとも知らずに……。

芝村裕吏×しずまよしのりが贈る『マージナル・オペレーション』前史、ついに佳境突入──!

『遙か凍土のカナン』を最前線で読む



本文はここまでです。