ここから本文です。

遙か凍土のカナン

遙か凍土のカナン7 旅の終わり

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,250円(税別)
ISBN
978-4-06-139944-0
発売日
2016年06月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

時に、一九一四年。最愛の妻・オレーナを失い、東シベリアの地でひたすら政務に邁進する新田良造に、世界大戦の激動が迫りつつあった──。

物価は乱高下し、大規模な武器需要が東シベリアを急速に成長させるいっぽうで、ロシア帝国は揺らぎはじめる。

そして、大樹のまさに倒れんとする時、歴戦の将軍たちが凍土に集い、遂に新たなる国・シベリア共和国が産声をあげる。だが、その前途には、元首のかつての祖国・大日本帝国が敵として待ち構えていた……。

芝村裕吏×しずまよしのりが贈る『マージナル・オペレーション』前史にして、ユーラシアを股にかけた恋と冒険の旅路──ここに堂々完結!

詳細

遙か凍土のカナン6 さらば、愛しき姫君

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-139932-7
発売日
2015年12月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

時に、一九〇七年冬。

身重の妻を救うため、中央アジアを再訪した新田良造を待ち受けていたのは、"赤毛の族長(ジニ・イスカンダル)"の銃口と、自らを愛した"天使(ジブリール)"の見る影もなくやつれ果てた姿だった──。

大立ち回りの末にジブリールを強奪し、帰途についた良造だったが、チタで異常気象による大雪に見舞われ、シベリア鉄道が封鎖されてしまう。

それでも帰路を急ぐ良造は、自作の橇で一路プーチンスクを目指す。

懐かしい家で帰りを待つのは彼女ではなく、彼の心を凍てつかせる哀しき報せだとも知らずに……。

芝村裕吏×しずまよしのりが贈る『マージナル・オペレーション』前史、ついに佳境突入──!

『遙か凍土のカナン』を最前線で読む

詳細

遙か凍土のカナン5 この国のかたち

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-139918-1
発売日
2015年06月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

老いた大国・ロシアの辺境──凍土の地を舞台に、国作りが始まった。

良造はサンクトペテルブルクに向かい、そこで集められた大量の人と物は、シベリア鉄道を通じて東方へと送り込まれる。五人と一匹から始まった国が、急激に成長していく一方、身重の妻・レナの身に異変が起きていた。見る影もなくやつれ果てた彼女の気鬱の理由は、中央アジアで夫に吐いた“嘘”にあった……。妻を救うため、良造は“危険な相棒”と共に、再び中央アジアへと旅立つ──!

芝村裕吏・しずまよしのりのタッグが贈る、大陸冒険浪漫譚──絶好調の第五弾!

『遙か凍土のカナン』を最前線で読む

詳細

遙か凍土のカナン4 未だ見ぬ楽土

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-139908-2
発売日
2014年12月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

新田良造元騎兵大尉とコサックの姫君・レナ、そしてユダヤ騎兵グレンは、足かけ一年に渡るユーラシア横断の旅路の末、遂にロシアの地に到達した。 しかし、旅はまだ終わりではない。失脚将軍アレクセイ・クロバトキンの指南を受け、レナの“飼い主”ナボコフ氏に「挨拶」を済ませた良造たちは、シベリア鉄道に乗り、東ヘと向かう。長き鉄路の先に、楽土を築くために……。 舞台はいよいよ、シベリアへ。

芝村裕吏・しずまよしのりのタッグが贈る大陸冒険浪漫譚──建国篇、ここに開幕!

『遙か凍土のカナン』を最前線で読む

詳細

遙か凍土のカナン3 石室の天使

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-139902-0
発売日
2014年08月18日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

一行は古代の交通路を踏破し、ウクライナを目指す。その途上で出会った、石室に一人暮らす女は、“天使(ジブリール)”と名乗った──。

グレンとジニを加えた良造たち一行は、古代の交通路を踏破し、一路ウクライナを目指していた。その途上で発見された水源近くの嶺には、人生の大半を石室の中で暮らす、一人の女の姿があった。女は良造に名乗る。“天使(ジブリール)”と──。

出会いと別れ、そして度重なる諍いの果て、良造とオレーナの関係性にも変化の季節が訪れ、物語は新たなうねりを生み出していく……。

芝村裕吏×しずまよしのりのタッグが贈る『マージナル・オペレーション』前史、第三弾にして、“帰国篇”堂々のフィナーレ!

『遙か凍土のカナン』を最前線で読む

詳細

遙か凍土のカナン2 旅の仲間

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-138892-5
発売日
2014年03月13日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

日本を発ち、海路にてヨーロッパを目指す新田良造とオレーナ。しかし、上海に続きシンガポールでも襲撃を受け、旅程の変更を余儀なくされてしまう。

良造たちは、ユダヤ人騎兵・グレンの仲介でイギリス軍艦に乗船し、なんとか追っ手を撒いてインドに上陸するものの、ウクライナに辿り着くためには陸路で中央アジアを縦断せねばならない……。

そして、砂塵舞う地で一行を待ち受けていたのは、“二つ角の姫君”率いる盗賊の手荒い歓迎だった──。

『マージナル・オペレーション』のタッグが放つ凍土の英雄譚、華麗なる第二幕!

詳細

遙か凍土のカナン1

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,250円(税別)
ISBN
978-4-06-138884-0
発売日
2013年11月14日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

公女オレーナに協力し、極東にコサック国家を建設せよ。

日露戦争屈指の激戦・黒溝台の会戦で負傷した新田良造。帰国後、彼にもたらされたのは、不可解な叙勲と、可憐なコサックの公女だった……。広大なユーラシア大陸を舞台に、大日本帝国の勇敢なる騎兵大尉にして、“一人目のアラタ”新田良造の戦いが始まる──。

『マージナル・オペレーション』のタッグが放つ凍土の英雄譚、ここに開幕!

詳細



本文はここまでです。