ここから本文です。

アリス・エクス・マキナ

アリス・エクス・マキナ03 愛惜のシンフォニア

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
伊吹契 Illustration 大槍葦人
定価
1,400円(税別)
ISBN
978-4-06-139913-6
発売日
2015年03月12日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

ロザが、殺人を犯した──。

調律師・朝倉冬治は、永峰あきらの義父・殿村秀臣の殺人と機巧体管理法違反の容疑で逮捕収監され、世間にはアリスに対する批判の嵐が吹き荒れる。

資産家・喜田、探偵・三ツ橋らの尽力で幸いにも釈放される冬治だったが、世間から身を隠すことを余儀なくされ、依然としてロザの行方は知れないままだった。

そんな中、ある女性が冬治への接触を試みる。その女性とは、アリスの開発者・千早響子博士。ロザの行方を知るという彼女の口から語られるのは、アリスの誕生にまつわる、哀しき物語だった……。

幾多の断片は互いに絡み合い、ロザへと収斂する。果たして冬治は、“あきらの心”を救うことができるのか? 頼もしき仲間たちの助けを得て、物語は終幕へとひた走る──。

伊吹契×大槍葦人のタッグが贈る“未来の童話”、ここに完結──。

詳細

アリス・エクス・マキナ02 囚獄のトロンプルイユ

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
伊吹契 Illustration 大槍葦人
定価
1,300円(税別)
ISBN
978-4-06-139907-5
発売日
2014年10月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

探偵見習い・舘村久志の勤務する探偵事務所に持ち込まれた久々の依頼、それはフィオというアリスの捜索だった。

調査を開始した舘村は、資産家・喜田がフィオそっくりのアリスと共に写っている写真を入手し、勢い余って喜田邸に侵入してしまう。しかし、喜田邸では既に、もう一人の招かれざる客が調査を行っていた。トジコと名乗るアリスが、舘村と同じ写真を見てここに来ていたのだ。けれども、トジコはフィオを捜しにきたのではなかった。彼女が追っているアリスの名は、ロザ──。奇妙な共犯関係を結び、外貌の似通ったアリスたちが闊歩する騙し絵の如き館を調査していく舘村とトジコ。二人は真実に辿りつき、フィオとロザを見つけ出すことができるのか……。

これは、朝倉冬治の物語に連なる、もうひとつの機巧少女譚。伊吹契×大槍葦人のタッグが贈る“未来の童話”、憂愁の第二幕──。

詳細

アリス・エクス・マキナ01 愚者たちのマドリガル

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
伊吹契 Illustration 大槍葦人
定価
1,400円(税別)
ISBN
978-4-06-139903-7
発売日
2014年09月11日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

高性能アンドロイド・アリス──その普及に伴い、彼女たちの人格プログラム改修を行う“調律師”たちも、あちこちに工房を構えるように なっていた。

ある日、そんな調律師の一人である朝倉冬治の工房を、一体のアリスが訪ねた。

ロザと名乗ったその機巧少女(アリス)は、一五年前に別れた冬治の幼馴染・永峰あきらと瓜二つの外貌を持っていた。戸惑いながらも他人の空似かと思う冬治だったが、あきらを想起させる行動を繰り返すロザに対し、次第に疑念を募らせていく。彼女(ロザ)は一体、あきらとどのような関係にあり、何のために工房を訪れたのか......。

星海社FICTIONS新人賞選考会で絶賛を浴びた、美しくも哀しき抒情詩、装画に大槍葦人を迎え、遂に刊行──。

詳細



本文はここまでです。