ここから本文です。

2999年のゲーム・キッズ

2999年のゲーム・キッズ(下)

カテゴリ
星海社文庫
著者
渡辺浩弐 Illustration
定価
781円(税別)
ISBN
978-4-06-138947-2
発売日
2013年05月09日 発売
サイズ
文庫判

Amazonで購入

2999年、人間は機械と化し、あらゆる部位が交換可能な身体で暮らしていた。

人生の選択はすべて「塔」にある中央コンピューターが管理し、街で暮らす誰もが過不足なく、完璧な幸福を実現できるようになっている。

幸せの永久機関が存在するこの街は、人類の理想そのもののはずだった……。はるか未来で繰り広げられる、人であって人でないものたちの、闇と光の物語。渡辺浩弐の伝説的傑作、ここに復刻。

詳細

2999年のゲーム・キッズ(上)

カテゴリ
星海社文庫
著者
渡辺浩弐 Illustration
定価
867円(税別)
ISBN
978-4-06-138944-1
発売日
2013年3月7日 発売
サイズ
文庫判

Amazonで購入

この街は、「幸せの約束された完全都市」のはずだった。

超未来の闇と光の群像劇、開幕!“ヒト”が創造主と化したはるか未来。「塔」があらゆるものを管理し、完璧な幸福が実現しているはずの“街”に、“彼ら”は暮らしていた。髪、顎、鼻、唇、目、記憶、そして子供……。あらゆるものが取替え可能な閉鎖都市。嫌な記憶は消せばいい。めんどうな子供はスイッチを切ればいい。みんなそうしてる。だれも疑わない。誰にとってもいちばん大切なもの、それは“自分”だから……。はるか未来で繰り広げられる、人であって人でないものたちの、闇と光の物語。渡辺浩弐の伝説的傑作、ここに復刻。

詳細



本文はここまでです。