ここから本文です。

2011年12月発売の出版物

ジスカルド・デッドエンド

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
泉和良 Illustrationhuke
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-138820-8
発売日
2011年12月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

「僕」が敬愛してやまない創造者、ジスカルドこと「じすさん」が死んだ。

死に向かってひた走る彼と僕の、最後の交流。なぜ彼は死を選ぶのか? ものをつくること(クリエイション)とは、いったい何なのか? 現実と非現実が交錯する、新鋭・泉和良の反(アンチ)自伝的フィクション。

詳細

死体泥棒

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
唐辺葉介 Illustrationシライシユウコ
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-138821-5
発売日
2011年12月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

突然の死を迎えた彼女の死体を葬儀会場に忍び込み、盗み出してしまった「僕」。一人暮らしのアパートを占拠した大型冷凍庫の中に横たわった彼女(死体)との奇妙な同棲生活がはじまった……!  唐辺葉介の問題作にして、新たな代表作。

詳細

ひぐらしのなく頃に 罪滅し編(下)

カテゴリ
星海社文庫
著者
竜騎士07 Illustration ともひ
定価
838円(税別)
ISBN
978-4-06-138923-6
発売日
2011年12月8日 発売
サイズ
文庫判

Amazonで購入

思い出せ──、仲間を信じる心を。

昭和五十八年六月、竜宮レナは自らが犯した罪を部活メンバーに告白した。彼らはレナを許し、再び日常が戻ってくるかに思われた……。しかし、 “綿流し”の前に鷹野三四から手渡された一冊のスクラップ帳──この小さな火種がレナを再び疑心暗鬼の渦に引きずり込み、やがて学校を舞台にした大事件へと燃え上がっていく──。文字2色印刷による“祟り”発現システムであなたに贈る、竜宮レナ、血と汗と涙のがんばり物語──ここに完結。

詳細



本文はここまでです。