ここから本文です。

カテゴリ:フィクションズ

サクラコ・アトミカ

『サクラコ・アトミカ』犬村小六 Illustration/片山若子 | ——サクラコの美しさが世界を滅ぼす。3月24日〜4月19日まで連日更新!掲載延長決定! 5月31日まで全文掲載!星海社FICTIONS版は4月14日発売!!

New 2011年04月03日(日)第十一回 掲載開始!

第十一回

掲載期間
2011/04/03(日)〜
次回掲載
2011/04/04(月)

出版情報

バックナンバー

第一回第十一回

「──サクラコの美しさが世界を滅ぼす」

狂気の科学者ディドル・オルガによって畸形都市・丁都に囚われた美貌の姫君、サクラコ。囚われの姫と彼女を守る異形の騎士・ナギが密かに心を通わせ始めたそのとき、サクラコ奪還のための刺客が帝都に侵入する──。

犬村小六が放つ星海社SFの最前線、ついに始動!

第十二回第二十一回

会員限定 ログインしてお読みください

刺客・赤石源一郎によってナギは討たれ、サクラコは奪還されたかに見えた。しかし、残酷な運命は姫を捕らえて離さない──。

諸悪の根源、丁都知事ディドル・オルガがこの世ならぬ狂気と絶望をまとって舞い降りる!

犬村小六が放つ星海社SFの最前線──物語は臨界に向けて加速する!

第二十二回第二十七回

掲載終了

オルガによって丁都に連れ戻されたサクラコは、ついに原子塔に繋がれてしまった──。このまま、彼女の体は7つの都市国家を焼き尽くす“原子の矢”と化してしまうのか!? ナギは焼けただれた身体を引きずり、サクラコとセカイを救うべく丁都を目指す!!

犬村小六が送る新たなボーイ・ミーツ・ガールの金字塔、ここに堂々完結!"

  • 第二十二回
  • 第二十三回
  • 第二十四回
  • 第二十五回
  • 第二十六回
  • 第二十七回

この作品の情熱的なレビューが読める! [さやわかの星海社レビュアー騎士団]

作者紹介

著者 犬村小六

71 年生まれ。作家。2008年に発表した『とある飛空士への追憶』で、高い評価と圧倒的な支持を得る。他の作品に『レヴィアタンの恋人』『とある飛空士への恋歌』などがある。書き下ろし新作『サクラコ・アトミカ』は今春星海社FICTIONSより刊行予定。アニメ版『とある飛空士への追憶』は今秋より全国公開予定。

Illustration 片山若子

イラストレーター。水彩の絵筆からにじみでるハートウォーミングな筆致で人気を博している。



本文はここまでです。