ここから本文です。

カテゴリ:「NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語」お知らせ

「NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語」のお知らせ

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)10更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)10更新しました。

http://sai-zen-sen.jp/works/fictions/noesis/10/01.html

10月14日発売の星海社FICTIONS『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語 2』も併せてお楽しみください。

http://www.seikaisha.co.jp/information/2013/09/26-noesis-2.html

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)9更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)9更新しました。

http://sai-zen-sen.jp/works/fictions/noesis/09/01.html

「こ、怖いこと言うなよ、こよみ。オレ、信じてるから……さ……」
時雨の言葉の意味は……!? 

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)8更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)8更新しました。

http://sai-zen-sen.jp/works/fictions/noesis/08/01.html

 

「どうして、一週間に一人ずつなんだろう……?」

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)7更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)7更新しました。
http://sai-zen-sen.jp/fictions/noesis/

時雨の想いと事件の結末はー……!?

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)6更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)6更新しました。
http://sai-zen-sen.jp/works/fictions/noesis/06/01.html

パン――ッッッ。
千夜先輩がオレの頰を、平手で叩いた。

千夜先輩がこの行動に出たワケはー……? お見逃しなく!

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)5更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)5更新しました。

http://sai-zen-sen.jp/works/fictions/noesis/05/01.html

 

「死体ってこの世で一番美しいと思うわ」。千夜先輩の目にうつるものとはー……?

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)4更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)4更新しました。
http://sai-zen-sen.jp/works/fictions/noesis/04/01.html



「ドッペルゲンガーってヤツかもね」
ミステリアスな千夜先輩と深まる謎。
続きが気になりますー……。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)3更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)3更新しました。

http://sai-zen-sen.jp/works/fictions/noesis/03/01.html

 

続く自殺事件とミステリアスな先輩……。必見です!

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)2 更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)2 更新しました。

http://sai-zen-sen.jp/works/fictions/noesis/02/01.html


「この事件を調べると死んじゃうんだよ?」……時雨の運命が動き始める……!


■■■あらすじ■■■
アニメ好きの高校生・鹿倉時雨は妹の憂姫、幼なじみの千代田こよみと共に賑やかで楽しい学生生活を送っていた。そんな時雨の平穏な日常は、夕暮れの校舎の屋上での“死人の言葉を聞くことができる”少女との出会いを境に、予測不可能な惨劇へと変貌していく……。
伝奇ミステリーの新境地を切り拓いた新たな戦慄——。その圧倒的な完成度と衝撃の展開でファンを熱狂させたノベルゲームを、cutlass自ら完全改稿のうえ待望の書籍化。解説・田中ロミオ


『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)1 更新しました。

『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』千夜の章(前編)1 更新しました。

http://sai-zen-sen.jp/fictions/noesis/


累計50万ダウンロード突破のスマートフォンノベルゲーム『NOeSIS 噓を吐いた記憶の物語』を作者・cutlassさん自ら完全改稿のうえ待望の書籍化!
星海社FICTIONSより8月19日頃発売です。


■■■あらすじ■■■
アニメ好きの高校生・鹿倉時雨は妹の憂姫、幼なじみの千代田こよみと共に賑やかで楽しい学生生活を送っていた。そんな時雨の平穏な日常は、夕暮れの校舎の屋上での“死人の言葉を聞くことができる”少女との出会いを境に、予測不可能な惨劇へと変貌していく……。
伝奇ミステリーの新境地を切り拓いた新たな戦慄——。その圧倒的な完成度と衝撃の展開でファンを熱狂させたノベルゲームを、cutlass自ら完全改稿のうえ待望の書籍化。解説・田中ロミオ



本文はここまでです。