編集部ブログ

2018年5月17日 22:30

原稿千本ノックを目指して

こんばんは! アシスタントエディターの阿部です。

先日、原稿の入稿をしてきました。

編集者の行う当たり前の仕事のひとつですが、
もちろんわたしにとっては初めての作業ばかりなので
副担当作品が決まってから、緊張が続いています。

qq25bpPi.jpg-large-2.jpeg

地道で、忍耐のいる原稿整理。

経験の浅い阿部ですが、この作業が好きだったりします。

ひとつひとつの文章をなぞっていくことが、
なぜかたまらなく楽しく思えることがあるのです。

大学時代、10万字越えの原稿を10回ずつひたすら校正するという機会があったのですが
作業自体は思ったより苦にならず、その時は、自分で少し引きました。

太田さんが「編集者はドMにしかできない」と仰っていた意味が
少しだけ、分かった気がします。





しかしながら、新人とはいえ今は出版という立場であり、その時とは訳が違います。

原稿整理に限らないことですが、責任重大の編集業務の数々、
未だにわたしは毎日てんやわんやなので
早く先輩方のように、多くの担当作を嵐のようにさばいてゆけるようになりたい......

これまでの少ない経験で分かっているのは
体調や睡眠時間が、そのまま自分の書いた赤字に表れるということ。

次の日に原稿を見た時の絶望と言ったら......。





己のミジンコのような発想力だとか企画力だとかを自覚しているので、
まずはこうしたところから丁寧にやっていきたいと思います。

まだまだ分からないことばかり、本日はこの辺で失礼いたします。

気合を入れて原稿に向かいますよ!



近頃の星海社では体調不良の方がちらほら。

季節の変わり目、みなさんもお気をつけください!