ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

運も実力のうち

こんばんは。ブラックエディター大里(@seikaisha_ost)です。

 

今日、ふと気付いたことがあります。同期の石川()にジャンケンで勝てない!
どうでもいいですか? でも、ある理由があって僕にとってはどうでも良くないんですよ。

最近は、僕と石川が先輩から仕事を引き継いだり、新しい本を作るときに副担当につくという機会が増えてきています。
自分の企画がない新人にとっては、仕事のやり方を学ぶまたとないチャンスなので、「是非やらせてください!」という気持ちです。

 

そういう案件は、たいてい「新人のどっちかにやってもらおう」というもので、極論を言えば担当はどっちでも良いんですね。
そんなとき、どっちが担当するかを決める際に多用されるのが「ジャンケン」なんですよ。

 

そんなわけで、石川に仕事が集まっていってます……!
ちょっと焦る。

 

……いや? ちょっと待てよ!

石川に既存の仕事が集まる → 大里は新しい企画を考える時間が増える

 

なんだ、何の問題もないですね!
これから、バリバリ新企画を出していきますよ!

(written by 大里耕平



本文はここまでです。