ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

【仮面ライダー鎧武ザ・ガイド】日本最高峰のアクションを支える——高岩成二×永徳×佐藤太輔×渡辺淳×岡田和也 スーツアクター座談会掲載!

おはようございます!!

日曜の朝、スーパーヒーロータイムは正座待機! アシエディ林です。

 

今回情報解禁する企画は、平成仮面ライダーシリーズを長年支えてきた猛者

  高岩成二 as 仮面ライダー鎧武

   ×永徳 as 仮面ライダーバロン

    ×佐藤太輔 as 仮面ライダー龍玄

     ×渡辺淳 as 仮面ライダー斬月・真

      ×岡田和也 as 仮面ライダーグリドン

メインスーツアクター5人が一同に会する座談会です!!


 

 

 

 

 

「スーツアクター座談会」の扉ページをチラ見せ……

ほかにも撮り下ろし写真あります!

 

 

 

 

 

仮面ライダー鎧武を演じている高岩成二さんは、 長年スーパー戦隊シリーズの歴代レッドを演じ、01年の『仮面ライダーアギト』から最新作の『鎧武』まで、『仮面ライダー響鬼』をのぞいた主役ライダーを務め続け、“ミスター仮面ライダー”との異名を持つお方です!

 

同じくアクション界を長年牽引している永徳さん、渡辺淳さんを加え、『鎧武』で初の仮面ライダーを演じる佐藤太輔さんや岡田和也さん。

ベテラン・若手が入り交じり、物語に魂を吹き込む“スーツアクター”という仕事や後進の育成についてお伺いしました。

なかでも佐藤さんが語る、ミスをして落ち込んでいる時に先輩がかけたあるひとこと。    厳しくも暖かく見守る師弟エピソードは、“新人”アシスタントエディターである自分にとって、恐れ多くも重なる部分が多く、深く心に刺さりました。

 

テレビの裏側で、ヒーローが脈々と受け継がれていること。

もちろん頭では分かっているつもりでしたが、今回スーツアクター皆さんから直接お話を伺うことで、その目に見えぬ伝承をこの身で体験できたことは、いち特撮ファンとして、とても幸せでした!


言うなれば、 スーパー戦隊の最終回恒例の、新レッドのバトンタッチ儀式を生で見てしまったかんじ……?(マニアックな例えでごめんなさい)

きっとこの先辛いことがあっても、その度にこのインタビューを思い出すことでしょう。

『仮面ライダー鎧武ザ・ガイド』を手に取っていただいた方にとっても、エールとなるようなインタビューになることを願っております。

(written by 林 佑実子



本文はここまでです。