ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

食べ比べ企画第2弾 ご当地カレー決戦

カレーは飲みもの〜! こんばんは、アシエディの林です。 

前回のエクレアに懲りずに、今回は第2弾です。

 

某日。

新宿にあるCURRY BAR「Poriyal」にカレー愛好家たちが集結していた。

 

——そう、ご当地カレーの食べ比べ大会を行うために!

せっかく同じ店に通っているんだから、常連さん同士で縁を繋げよう、

ついでに色んなカレーを食べながら。

そんなオーナーの計らいでカレー好き常連のオフ会が開かれ、

東京初心者の私に「友達作りにおいでよ」と招待してくださったのでした。

お互いを知るために、ご当地のレトルトカレーを持参することが参加ルールです。

 

皆様が持ち寄ったレトルトカレーは、東京、千葉、神奈川、大阪、石川、新潟、山口と地方色豊かな14種類が集まりました。

 

ご当地カレーとは、地方の有名カレー店のメニューを商品化したものや、

地方名産品を目玉にしたカレーを指します。

 

全て並べると圧巻。

ぜーんぶ試食してゆきますよー!

 

14種全て紹介するのは長くなってしまうので、

カレー愛好家たちの審議の結果、決定したBEST5を発表します!

 

NO.5「ふくカレー」山口県

ふくカレー

下関のふぐを使った贅沢なカレー。肉厚なふぐの身が入っています!

ふぐなのに「ふく」と表記されているのは、ふく(福)で縁起がいいからだそうな。

(審査員評)

・  魚ベースのカレーは珍しい。

・  ふぐの味が殺されていない、むしろ生かされている。

 

NO.4「自由軒」大阪府


知っている人は知っている、大阪の名物カレー。ルーとご飯が混ざった状態がデフォルト。

カレー風味のソース飯といっても過言ではないけど、ソース味のカレーです。

ちなみに私が持参した一品でした。見事ランクイン、やったね!

(審査員評)

・  生卵をくずす瞬間にテンションがあがる。

・  レトルトカレーで、はじめからご飯に合えるというコンセプトが珍しい。

 

NO.3「花咲くいろは 金沢カレー」石川県

劇場版『花咲くいろは HOME SWEET HOME』のコラボ商品。パッケージが、金沢の散策地図にもなっており、たいへんかわいい。

濃い味付けで有名な金沢カレー。パッケージの作り方によると、キャベツの千切りとトンカツを載せて完成形になるらしい。

(審査員評)

・  アニメコラボ商品だと思ってナメてたけど……ごめんなさい美味しいです!

・  捨てるのがもったいないくらいパッケージがかわいい。

・  惜しくも3位だけど、キャベツとトンカツがあればより上位を望めた。

 

NO.2「富士屋ホテル 伝統のチキンカレー」

NO.1「富士屋ホテル 伝統のビーフカレー」神奈川県

 

堂々のワンツーフィニッシュ! ホテルの名物カレーをそのままレトルトにした一品。

(審査員評)

・  このカレーはレトルトの粋を超えている! (と店長が脱帽)

・  この堂々とした旨さ、媚びないパッケージが潔い。

 

全ランキングこんな感じ。

むかって左から上位になっています。

 

パっと目に入って、手に取りたくなるようなパッケージのカレーは美味しいですね。

あと、高順位な商品ほど、ウリにしている持ち味(=特産品など)が生かすアイディアが光ります。

W受賞の富士屋ホテルのカレーは、高級な味。そしてそのイメージが伝わるように、重厚感のあるデザインがほどこされていました。

金字で印刷されているし、パッケージは一番厚みがあります。

 

やはり、エクレアの時と同じで、

やっぱりキャラを生かす商品が強い!!! キャラが強いものが全てを制すのです!!!

(written by 林 佑実子



本文はここまでです。