ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

『おおかみこどもの雨と雪』は、ひたすらリアルなお話でした

今日も元気に夜の最前線!

リア充エディターの今井です。

 

先日、先輩岡村と一緒に『おおかみこどもの雨と雪』の試写会に行ってきました。

(マッドハウスさんありがとうございます!)

 

こんなすごい作品のこと書くのは大変恐れ多いのですが、

ちょっとだけ、感想を書かせて頂きます。

 

『おおかみこどもの雨と雪』は、一言で言うと、とてもリアルな話でした。

「ある普通の女の子が、おおかみおとこと恋をして、おおかみこどもを生む」っていう、

ある種のトンデモ設定なんですが、それ以外の部分がひたすらリアル。

 

おおかみこどもが現代社会に生まれるとそうなるよね、そういう問題起きるよね、っていう部分の模写が特に丁寧で、

どんどんお母さんである「花」に感情移入させられてしまいます。

『サマーウォーズ』の「OZが混乱したとき、世間にどんな影響が出るか」の模写もとってもリアルでしたが、今作にはそれ以上のものを感じました。

 

そんな筋の通りまくった構成に、

スタジオ地図の美麗なアニメーションはあるは、

おおかみこどもらはキュンキュンするぐらいかわいいは、

高木正勝さんの音楽もいいわで、なんとも死角のない作品に仕上がっています。

 

プロがいっぱい集まって、誰もがきちっとプロの仕事をされたと、

そんな印象を受けました。

 

ただ1箇所だけ、「それってそう持って大丈夫でしたっけ?」って思うシーンがあったんですが、

最近のはあれでも大丈夫なんでしょうか…

気づく人は気づくはずなので、同じ感想を持った人はお知らせ頂けますと幸いです。

「ユーザーは、大きなウソ(フィクション)は歓迎するが、小さなウソは許さない」という、

フィクションの定説を思い出しました。他がリアルなだけに目立ってしまった。

いや、本筋と全く関係ないシーンですし、僕の勘違いかもしれないんですけど。

 

とまあ、1点だけつっこみどころはあったものの、

文句なしにおすすめできる作品であることには違いありません。

 

友達、家族、恋人…

誰といっても、外れのない名作です。

(この辺の間口は『サマーウォーズ』より広いと感じました。)

 

7/21公開!ぜひ劇場に足を運んでみてください!

 

(written by 今井雄紀



本文はここまでです。