ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

会員制餃子店「蔓餃苑」にKDTを捧げたい。

明日からの1000ドル小説の旅に備え、まさに「夜の最前線」を戦う、

大忙しの編集部からお送りします。

リア充エディターの今井です。



1000ドル小説でみなさんが買うのは、小説なわけですが、

それに1000ドルも払うのは、「まだ誰も読んでない作品」、「作者自らお届け!」等の特典が醸し出す、

そのプレミア感ゆえでしょう。 

 

そう、プレミア。 

なんて、優雅な響きでしょうか。


わかりやすいプレミアと言えば「会員制」があると思います。 

会員制クラブ、会員制プール、会員制ラウンジ、会員制BAR…

どれも、一生縁のないもののような気がします。

というか、あまりに縁遠いものであるがゆえに、

普段は「別に興味ないし!」とつい強がってしまってすらいます。

 

「このまま一生会員制童貞(KDT)でいい!」と思いながら日々暮らしていたのですが、

今日ついに、この店になら僕のKDTを捧げてもいい!と、そう思えるお店の存在を知りました。

 

それは、都内某所にあるという、会員制の餃子屋さん「蔓餃苑(まんぎょえん)」。

完全会員制かつ予約制で、驚異の「平常休業・臨時営業」を標榜。

会員900人のうちのほとんどが、まだその伝説の餃子にありつけていないとか…

その様子から「蜃気楼のような店」と、今月の雑誌『ケトル』の中で、

BRUTUS編集長の西田善太さんは評されています。

 

これは食べたい。そのミステリアスな佇まいも素敵だし、

何より、むちゃくちやうまいらしいのです。これは食べたい。

こんなに特定の餃子を食べたいと思ったのは、「鳳凰翡翠餃子(©中華一番!)」以来です。

 

実際に行った方々のレポートを見ていると、なんだかもう、問答無用にうまそう。

 

http://www.flickr.com/photos/fumtandel/sets/72157623994530525/

 

http://fuyuhiko.dreamlog.jp/archives/3573205.html

 

http://www.03-x.com/daruma-t/archives/2010/02/post-711.html

 

あー。

 

食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。

食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。

食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。食べたい。

食べたい。食べたい。

 

と20回願って、お誘いの募集にかえさせていただければと思います。

「連れてってやるぜ!」って奇特な方がいらっしゃいましたら、今井までご連絡ください。

 

なんとか食べにいって、ここにレポートを書きたいです。

(written by 今井雄紀



本文はここまでです。