ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

ぶっ壊したい願望

こんばんは、アシエディの林です。

 

今期からアニメがスタートする『惡の華

恥ずかしながら、原作のコミックを未読でありました。

 

今井さんとAnifavの前Qさんが激推ししていたので、さっそく私も読んでみました。

LINK

もうやめてくれーーー!!

 

って何度も叫びそうになりました。

でも、もし私が中高生の時に『惡の華』を読んでいたら、グッチャグチャになっていたことでしょう。

いや、「やめてくれ」なんて一歩引いた言葉は出なかったでしょうね。

バシバシ影響受けて、奇行に走っていたかもしれません。クソムシなりに。

 

あと、『惡の華』を読んでいて、

ボニーアンドクライドっていう人たちを思い出しましたね。

彼らは、30年代のアメリカで銀行強盗や殺人を繰り返しては、愛車で全米を旅していたサイコカップルです。

この2人が活躍(?)した時代は、禁酒法に世界恐慌のWパンチを食らった、どん底ともいえる状態。

そんな抑圧された時代の中で、常識や型を逸脱し暴走する若者、ボニーとクライドは誰よりも幸せに生きていたのではないかと思います。

 

「走るんだ。いまから、捕まるまでずっと走るんだ」

 

これは2人を映画化した『俺たちに明日はない』からのセリフです。

悲壮感はなく、どこか希望すら感じさせます。

 

何に捕まることを恐れたのか?

常識で考えれば、警官でしょうけど、

きっと、2人は日常から逃げたかったのではないでしょうか。

 

当時、この犯罪カップルは多くの人の共感を集め、英雄視する意見も珍しくなかったそうです。だから映画にもなったんですね。

 

『惡の華』でも、「向こう側」へ行こうと少年少女は藻掻いています。

 

常識をぶっ壊したい願望はいつの時代の人間も持ってるんですねー。

積み上げた積み木を壊すことに快感を感じてしまうような感覚が、本能としヒトに植え付けられているのかもしれませんな。

(written by 林 佑実子



本文はここまでです。