ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:お知らせ

星海社COMICS版『アニウッド大通り』第1巻、もうすぐ発売!!

アシスタントエディターの山中(@seikaisha_ymnk)です。

先の告知から早二ヶ月……ようやく『アニウッド大通り』第1巻が校了いたしました! 予定通り発売は9月10日(水)頃になります!(※発売日は地域によってことなります)

 

 

カバーイラストは、もちろん今回の単行本化のために記伊孝さん(@momowakawaii)が描き下ろして下さってます。

袖の方も広げるとこんな感じに。


(※クリックすると大きくなります)

 

躍動感溢れる真駒一家と夏の空が眩しい一枚。ロゴのピンクも青空に映えますね。

そして、今回の単行本化の目玉のひとつといえる、帯……。
先日ご本人自らtwitterでつぶやいて下さっていましたが、あの『アオイホノオ』が大ヒット中の、島本和彦さん(@simakazu)に帯文を頂いてしまいました!! しかもなんとイラスト付き!!!!

 

そんな帯付きのカバーはこちらっ!

 

 

 

_人人人人人人人人_
 助言女子!! 
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

なんて良い言葉なんだ……。

 

_人人人人人人人人人人_
 助言女子!!!! 
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

素晴らしい響きだ……。
そうだよ、『アオイホノオ』のトンコさんも優しい助言女子だよ……。助言女子は素晴らしいよ......。

 

直筆のコメントとともに描かれている絵は、主人公の真駒樹貴と、そのクラスメイトのサネヨシさん。サネヨシさんは本編4話からの登場です。ちなみに単行本描き下ろしのあとがきにも登場していますので、島本和彦さんも燃えた助言女子ヒロイン、サネヨシさんの活躍を見逃すな!!


さて、肝心の内容ですが、『アニウッド大通り』は昭和50年代後期を舞台にした、アニメ監督一家の日常と、制作(戦い)の現場を描く青春群像劇。

『アオイホノオ』が1980年〜1981年頃の話ですので、そのほんの少しあとの時代になるのですね。

前後するとは思いますが、ちょうど島本和彦さんが漫画家としてデビューされ、庵野監督が『風の谷のナウシカ』に原画として参加された頃でしょうか……。今まさにドラマが絶好調の『アオイホノオ』ののちの時代がここにあるのか、と思って頂ければ、より一層楽しんで頂けるかもしれません。

 

 

ところで、本書は記伊さんが個人でキンドル・ダイレクト・パブリッシングにて出版されたものに加筆訂正を加え、再編集をして単行本化しているわけですが、もちろん「あの」あとがきも掲載しております。そう、宮崎駿監督の下で記伊さんがアニメーション演出を学んだ頃の思い出を描いた、『巨匠と過ごす夏』です! 

 

Kindleやニコニコ漫画での連載で、すでに読まれた方にも楽しんで頂けるよう、すみずみまで気合いを入れて編集させて頂きました。立て続けに2巻も翌々月の11月11日(火)頃の発売で準備を進めておりますので、まずは1巻を最寄りの書店さんでお手にとって頂ければ幸いです。

 

2巻、3巻と巻を追うごとに面白くなる『アニウッド大通り』、ぜひこれからの刊行にご期待下さい!!

 

 

星海社COMICS『アニウッド大通り 1』

2014年9月10日(木)頃発売(※発売日は地域によって異なります)
定価:600円+税
ISBN:978-4-06-369516-8

Amazonでのご予約はこちら



本文はここまでです。