ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:昼の最前線

星海社文庫『きみを守るためにぼくは夢をみる 4』6月10日頃発売になります!

こんにちは(・∨・)ノ

広報のみさみさです!

今回は6月刊星海社文庫を紹介します!

 

 

星海社文庫

『きみを守るためにぼくは夢をみる 4』

著者 

白倉由美 Illustration/Mateusz Urbanowicz

定価 

686円(税別) 

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061389483/seikaisha-22

 

6月10日発売になります。

※地域によって発売日が異なることがあります。

 

「きみを汚すひとはこの世界にはいないんだ」

美しい寂しさを思うコラボレーション

思春期を疾走するきみに捧ぐ物語。

 

 

 

■あらすじ

悲しさを泉から掬うように、ぼくはあるとき、七年間を失った。

 

奇妙にからみあう運命のなかで、ぼくにもたらされた約束はただひとつ、初恋の「きみを守ること」。でも大人になるその途中で、ぼくは神話のように「妹」を手にとった。摘みとってしまった花はその香りでぼくを離さない。その花はポーフィロジーン。両手をひろげてぼくを求めている。「妹」を裏切るかのようにぼくは初恋のきみと、陶酔のオートエロティックに溺れる……。静かに雪の降るなかでぼくを待っていた「妹」は、汚されていた。天使達は天国にいてもぼくたちほど幸福でなかったから、ぼくたちをうらやんだのかもしれない。運命は壊れやすく、脆く、切ない。ぼくが目指すべき未来はどこにあるのだろう? ぼくが救うべきひとは誰なんだろう? ぼくの道は続いていく。

 

 

 

ポール・マッカートニーの曲を流しながら読むとすごく世界に入り込みますよ。

といいますのも……

『きみを守るためにぼくは夢をみる 2』の中にあるのです♪

作中のどのフレーズが私のことをポール・マッカートニーに引き寄せたのか……。

気になる方は、改めて読んでみてくださいね。

 

これまでの作品はこちらです。

 

『きみを守るためにぼくは夢をみる 1』

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061389165/seikaisha-22

 

 『きみを守るためにぼくは夢をみる 2』

 

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/406138922X/seikaisha-22

 

『きみを守るためにぼくは夢をみる 3』

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061389327/seikaisha-22

 

 

初夏という季節にぴったりなこのシリーズ。

読んでいると、家の外にでたくなるのです。

そこに気持ちのいいが広がっていると嬉しいなぁと思うのです。

にもにも行きたくなってしまうのです。

 

この気持ちは自分の思春期を思い出しているからでしょうか……?

 

朔だけを取り残した7年間という時間。葛藤する心。初恋。家族。

突如現れた“妹”

 

物語に一気引き込まれて読み切ってしまいます。

読んだ後は、優しい気持ちと朔に「幸せになって欲しい」という気持ちでいっぱいになるのです。

 

ぜひ、一緒に物語りの世界へ……。

アマゾンで予約もできますよー!

チェックよろしくお願いします(*^ω^*)

 

 

 

 

『レビュアー騎士団』で皆様方からのレビューお待ちしております(*^ω^*)



本文はここまでです。