ツイ4 a『第6回 ツイ4新人賞座談会』 #c002

『第6回 ツイ4新人賞座談会』

キャラもの4コマの難しさを痛感……そして意外なあの人から謎の挑戦状来たれり!

おわりに

平林 今回、読んでみてどうでしたか?

岡村 各作品よくもわるくも小さくまとまっている印象でした。作品として「オッ!」と驚くものがなかったのが残念です。

大里 質が落ちたということでもないと思うんですが、新しいものがあったという印象ではないですね。

石川 前回が精選感あっただけに物足りなく感じてしまうのかも。

平林 ワサビさん、是非頑張ってほしいです。ダークなものがご趣味なのかなとも思うんですが、なんとか活路を見いだして欲しい!!

カリカリうめさんの「おもちさん」が一番おもしろかったです。やはり絵が上手だとそれだけで読まされます。

今井 ぼくもカリカリうめさんですね。全く別のテーマ・キャラで描かれた作品を読んでみたいです。

太田 僕はグッとくるものがなかったかなあ......やっぱり4コマはストーリーマンガ以上に人を、編集者を選びますね。そして、だからこそ、作家性が発揮できるジャンルでもあると思うので、投稿者の皆さんはぜひ張り切って、楽しんでマンガを描いていただきたいと思います。

今回再認識したのは、キャラもの4コマの難しさですね。キャラに人気が出ないと作品全体が沈んでしまう。キャラだけじゃなくて、そのキャラが生きる設定を考えないとだめなんですね。キャラもの難しい!

大里 確かにのび太がいないと『ドラえもん』っておもしろくないかも......!?

岡村 もちろんそれが簡単にできれば誰も苦労はしないんですけどね。でもやっぱりこちらが連載しようと思う作品は、最初のキャララフやネームの時点で「あ、なんかこのキャラ人気出そう」ってちゃんと読み手に思わせますよ。だからメインキャラづくりに一番苦労するのが、むしろ正しいことだと思ってます。