ツイ4 a『第3回 ツイ4新人賞座談会』 #c002

『第3回 ツイ4新人賞座談会』

白熱ライブ! 第3回ツイ4座談会公開!

おわりに

岡村 これで全作品ですね。今回は前回と比べて、明らかに作品全体の絵のクオリティが上がっていると感じました。皆さんはいかがでしたか?

テーマを絞った4コマ、増えましたね!

平林 特に絵的なレベルが上がっている気がします。でも、まだまだテーマの掘り下げが浅い作品が多かったのが惜しい。一言で「この作品はこういうマンガだ」と言えるくらいまで、テーマはしっかり考えてほしいです。

今井 第2回座談会の公開が7月末でしたので、今回は第2回の講評を見ずに投稿してくれた人がほとんどだと思うんですよ。だから次はより洗練された作品が送られてくるんじゃないでしょうか。

太田 そうだといいなあ〜。

岡村 あと簡単ではないのを承知でリクエストさせていただくと、やっぱりおもしろいキャラクターを我々は求めます。第1回から第3回までの全投稿作品の中で、パッとキャラの顔と名前を思い出せる印象深いキャラクターは、僕の中では残念ながら一人もいないんですよね。

大里 たしかに......。

岡村 「ツイ4新人賞」を開始する前も読者投稿を受け付けていたのですが、その中でもショウマケイトさんの投稿作は、他の投稿作と比べてキャラ立ちが際立ってたんですよね。すぐに「正太郎」と「美鈴」というキャラクターの顔と名前は覚えました。ビジュアルは多少変わりましたが、この二人がそのまま『ともだちをつくろう。』の主人公・ヒロインとなってます。

太田 で、「正太郎」と「美鈴」というキャラクターのあとに、「ともだちをつくる」というテーマをショウマさんと一緒に考えたんだよね。4コマだからこそぶっといテーマが必要だから、って流れで。

岡村 そうです。当たり前といえば当たり前なんですけど、おもしろい作品はキャラクターとテーマ、両方とも「明確」です。いきなりキャラクターもテーマも魅力的なものを考えるのは難しいかもしれないですが、どちらか1つ突き抜けていれば、もう片方はこちらでサポートできることもあります。

今井 得手不得手はあると思いますので、「キャラクター」と「テーマ」、まずは得意なほうを突き詰めて考えてみてはいかがでしょうか。

太田 4コマももちろんマンガなので、キャラクターも、テーマも、ストーリーマンガと同様に大事です。そして、できるならばそこに「ドラマ」を投入してください。それができた4コマが、天下を取ると僕は予想しています。ぜひじっくり考えてみてください。

石川 次回もご投稿、お待ちしております!