ツイ4 毎日、4コマ

「ツイ4」広告掲載約款

株式会社シナップ(http://sinap.jp/)(以下「当社」といいます。)は、株式会社星海社(http://www.seikaisha.co.jp/)の運営するWeb上の4コマ漫画提供サービス「ツイ4」(http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/)において、当社が提供する広告サービス(以下「本広告サービス」)の利用条件につき以下の約款を定めます(以下「本約款」といいます。)。

「ツイ4」に広告を掲載しようとする広告主企業(以下「広告主」)は、本広告サービスのお申し込みにあたり本約款に同意いただく必要があります。

広告主から広告掲載のお申し込みがあった場合、本約款の各条項に従ってサービスの提供を受けることに同意したものとみなします。

第1条 (本約款及びメディアガイドについて)

  1. 当社は、広告主に対し、媒体社及び当社のサービスポリシーに基づいたサービスを円滑に提供し、一方、広告主は当社に対し、本広告サービスに対する料金を適正に支払うことについて取り決めることを、本約款の目的とします。
  2. 本広告サービスのご利用にあたり、広告主は、当社が定めるメディアガイド記載の掲載料金や入稿規定・掲載に関するルールを遵守するものとします。特に、広告主は、下記で指示する箇所について、本規約と一体のものとして、法的効力を持つことについて確認いただくものとします。
    1. 広告掲載料金表
    2. 各広告についての入稿規定(以下「入稿規定」といいます。)
    3. 広告掲載ガイドライン(広告掲載基準及び免責事項を合わせたものを指します。以下「広告掲載ガイドライン」といいます。)
  3. 本約款の定めとメディアガイドの定めにおいて矛盾が生じる場合、制定日が後の規定が優先するものとします。

第2条(広告掲載の申込み)

広告枠への広告掲載の申込みは、広告主または広告取扱代理店が本約款を承認の上、「広告掲載申込みフォーム」(以下「申込みフォーム」)に必要事項を入力し当社に送信することを以って申し入れるものとします。

第3条(契約の成立)

第2条で定める方法で当社に広告の掲載を申込み、当社がこれに承諾した場合、本約款及び申込みフォームに記載された条件で広告掲載契約が成立するものとします。

第4条(広告掲載基準)

  1. 広告主は広告掲載基準に従う必要があります。
  2. 広告主は、広告掲載基準は予告なしに変更される場合があることを予め了承するものとします。

第5条(広告掲載拒否権)

広告枠への広告掲載開始時、または広告掲載後であっても、第4条に定める広告掲載基準に照らし、当該広告の内容またはリンク先の内容が不適切であると当社が判断する場合には、当該広告の掲載を拒否、または中止することができるものとします。この場合においても、広告主及び広告取扱代理店は本約款に基づく広告掲載料金の支払義務を免れないものとします。

第6条(広告掲載料金及び支払条件)

広告枠への広告掲載料金は、別途当社の定める広告メニュー料金表に基づき決定するものとします。広告主、及び広告取扱代理店は、広告掲載料金を当社の定める支払期日までに指定する銀行口座に振り込むことにより支払うものとし、支払いにかかる手数料は振込主が負担するものとします。

第7条(違約金)

広告掲載契約成立後、広告主の都合によるキャンセル及び広告掲載開始日の変更があった場合、前項の広告メニュー料金表に従い、違約金が発生するものとします。

第8条(入稿)

広告主及び広告取扱代理店は、広告主が提供する広告コンテンツ・素材・内容について第三者の権利を侵害していないこと及び記載内容に係わる財産権の全てにつき、権利処理が完了していること(掲載についてコンテンツ著作権者の許諾があること等)を当社に対して保証するものとします。

第9条(広告掲載開始日)

当社は、申込みに準拠し、広告掲載開始を行うよう努めるものとします。 なお、当社による掲載準備完了後の掲載開始となること、媒体社による出稿審査のために、やむを得ず掲載開始日が申込の開始日と相違する場合があること、媒体社による審査の結果、広告掲載不可となる場合があることを広告主は了承するものとします。

第10条(掲載開始後の注意事項)

広告主は、以下の各号を了承するものとします。

  1. 広告掲載期間中に、広告主指定のリンク先ページが表示されない等のエラーがあった場合、その期間中に消化されたインプレッションについても請求の対象となります。
  2. 広告掲載期間中に、広告主指定のリンク先にトラブルが生じた場合(リンク先のページが表示されない、リンク先ページの内容が広告の内容と大幅に異なるものに変更された場合、第三者から広告掲載に関する指摘が出た場合等)には、当社及び媒体社の判断で掲載が停止される場合があります。
  3. 広告掲載期間中に、広告主・所属業界の社会信用、社会情勢などが変化した場合、広告内容の修正、掲載を中止する場合があります。
  4. 広告主の責めに帰すべき事由によって広告の全部または一部の掲載が行えない場合、当社は一切の責任を負わないものとします。
  5. 広告掲載期間中にトラブル (サーバーダウン、システムトラブル等)があった場合、掲載が中断されてしまう場合があります。この場合、当社及び媒体社は早期の復旧に努めます。
  6. 広告の表示に関して、利用者の使用機器、ソフトウェア、通信回線など、利用者に依存する設定や環境での動作保証はいたしません。
  7. 各広告は広告主の商品に対して実際の 購買やサービスの利用を保証するものではありません。従って当社はこれに起因する申し出やクレームは一切お受けしないものとします。
  8. 原則として競合排除は行いません。
  9. 媒体社の規定により、広告の表示形式は入稿内容から一部変更・省略が加えられる場合があります。
  10. 広告サービスの内容は、随時変更される場合があります。

第11条(広告サーバーにおけるデータの取り扱い)

広告サーバーの利用を通じて蓄積された広告主のウェブサイトにかかるユーザーの利用動向、広告効果の測定、広告配信及び分析等にかかるデータ(以下「効果データ」)の取扱いについては、以下のとおりとします。

  1. 当社及び媒体社は、効果データを統計的資料として利用することができるものとします。ただし、統計的資料は広告主を特定できる情報が含まれない内容により構成されるものとします。
  2. 当社及び媒体社に効果データをバックアップする義務は生じないものとし、データの消失、バックアップをしなかったこと、バックアップしたデータを保存していなかったこと等について、当社は一切責任を負わないものとします。
  3. 本広告サービスの利用を終了した場合、当社及び媒体社は広告主にかかる効果データを削除できるものとし、その他、一切のデータの保管義務を負わないものとします。
  4. 広告主は、当社及び媒体社が広告主のウェブサイトを閲覧するユーザーのCookie及びトラフィックデータ(アクセスログ、クリックログ、ページビュー数、その他の 適法に取得している閲覧ユーザーのトラフィック情報を意味し、個人及び企業を特定できる情報は含まれない)を取得し、広告主へのサービス提供の目的で、当社及び媒体社が利用する事を承諾するものとします。

第12条(広告サーバー利用の停止)

  1. 当社は、次に挙げる事由が発生した場合、広告サーバー利用の一部または全部を停止することがあります。
    1. 媒体社による保守、定期点検などやむを得ない場合
    2. 火災、停電、天災地変等の非常事態の場合
    3. コンピューターシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピューターウィルスの感染等による場合
    4. 緊急を要する合理的理由があると当社が判断した場合
  2. 広告主は、前項に基づき広告サーバーの利用が停止したことによって生じた損失、損害などについて予め了承するものとし、当社はその損失、損害について一切の責任を負わないものとします。

第13条(広告掲載終了日)

当社は、申込み内容に準拠し、広告掲載終了を行うものとします。

第14条(当社からの広告掲載終了・一時停止)

次に掲げる場合には、当社は広告主に対し、本約款に基づく本広告サービスの利用を終了または一時停止することができます。

  1. 広告主による当社へのリクエスト内容が、当社のサービスポリシーを著しく超えると当社が判断した場合
  2. 天災、災害、施設・設備の故障、その他やむを得ない理由により利用させることができない場合
  3. その他、合理的な理由により、業務上当社が必要と判断した場合
  4. 媒体社より広告掲載一時停止または中止の通告があった場合

第15条(免責)

  1. 当社は、外部データを提供する第三者のメンテナンスや不具合等、第三者の事由に起因する本広告サービスの遅延、停止等については一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は第14条に基づく本広告サービスの終了・停止等については、一切の責任を負わないものとします。
  3. 前2項に掲げるほか、広告主は、メディアガイド記載の免責事項に従うものとします。

第16条(約款の適用時期)

本約款は、広告主が申込みフォームを通じて当社に広告掲載の申込みを行ったときから適用されます。

第17条(約款及びメディアガイドの変更)

  1. 当社は、本約款を変更することができます。この場合、本広告サービスの提供条件は、変更後の約款によります。ただし、サービスの性質に鑑み著しく不当な変更はできないものとします。
  2. メディアガイドについても前項に準じるものとします。

第18条(再委託)

当社は、本広告サービスの全部または一部の作業を、当社の責任において第三者に再委託できるものとします。この場合、当社は当該再委託先に対し、第21条の義務を負わせるものとし、また当該再委託先の業務の履行につき、広告主に対し連帯して責任を負うものとします。

第19条(知的財産権)

本広告サービスに関する著作権、特許権、商標権、ノウハウ、トレードマーク、ロゴ等の一切の知的財産権は当社または正当な権利を有する第三者(コンテンツの権利者など)に帰属するものとします。

第20条(資料等の提供及び返還)

  1. 当社から広告主に対し、本広告サービス遂行に必要な資料等の提供の要請があった場合、双方協議の上、広告主は当社に対し、無償でこれらの提供を行うものとします。
  2. 広告主から提供を受けた資料等(次条第1項による複製物及び改変物を含む)が本広告サービス遂行上不要となったと当社が判断した場合は、当社はこれらを広告主に返還または広告主の指示に従った廃棄・削除等の処理を行うものとします。

第21条(資料の管理)

  1. 当社は広告主から提供された本広告サービスに関する資料等を本広告サービス遂行上必要な範囲内で複製または改変できるものとします。
  2. 当社は広告主から提供された本広告サービスに関する資料等を善良なる管理者の注意をもって管理、保管し、かつ、本広告サービス以外の用途に使用しないものとします。

第22条(秘密保持義務)

  1. 広告主及び当社は、相手方の書面による承諾なくして、本約款に関連して相手方から開示された相手方固有の技術上、販売上その他業務上の秘密(以下「秘密情報」)を、本広告サービスの目的のためにのみ使用するものとし、また、秘密情報を善良なる管理者における注意をもって管理し、本広告サービス期間中はもとより、本広告サービス終了後も3年間は第三者に対しては開示、漏洩しないものとします。但し、次の各号のいずれかに該当する情報は秘密情報から除くものとします。
    1. 開示の時点で既に公知のもの、または開示後情報を受領した当事者の責によらずして公知となったもの
    2. 当社または広告主が開示を行った時点で既に相手方が保有しているもの
    3. 第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの
    4. 相手方からの開示以降に開発されたもので、相手方からの情報によらないもの
  2. 広告主の有する個人情報(生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる 氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別できる情報)は秘密情報に含まれるものとします。ただし、広告主は当該個人情報を特定し、個人情報である旨を明示しなければならないものとします。
  3. その他個人情報保護に関する取扱について、広告主及び当社は、個人情報の保護に関する法律の趣旨にのっとって、対応するものとします。

第23条(損害賠償)

本広告サービスに関連して相手方から損害を被ったという請求がなされた場合は、広告主及び広告取扱代理店の責任と負担において解決するものとします。ただし、当該損害が当社の責に帰すべき事由に起因する場合はこの限りではありません。

第24条(譲渡禁止)

広告主及び当社は、本広告サービスに基づく権利義務の一部または全部を、相手方の事前の書面による承諾なくして第三者に譲渡できないものとします。

第25条(管轄裁判所)

本広告サービスに関する訴訟については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第26条(反社会勢力の排除)

  1. 本約款において反社会的勢力とは、次の各号の一に該当する者をいいます。
    1. 暴力団、暴力団関係者、暴力団関係企業、及び、暴力団関係団体
    2. 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団
    3. その他社会の秩序・市民の安全などを害する行為を行う個人又は法人
  2. 広告主及び当社は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を表明し保証します。
    1. 自らが、反社会的勢力ではないこと
    2. 自らの役員(取締役、執行役又はこれらに準ずる者)若しくは従業員等(以下あわせて「役職員等」)が反社会的勢力ではないこと
    3. 自ら又はその役職員等が反社会的勢力との間で、資金もしくは役務提供等何らかの取引をしていないこと、及び、反社会的勢力と交友関係にないこと
  3. 自ら又はその役職員等が自らまたは第三者を利用して、相手方または相手方の従業員に対して、暴行、傷害、脅迫、恐喝、威圧等の脅迫的言辞、暴力的行為または詐欺的手法等を用いて不当な要求行為、または、業務の妨害、信用の毀損をする行為等を行わないものとします。
  4. 広告主及び当社は、相手方が第1項の規定に該当し、又は第2項もしくは第3項の規定に違反した場合、何らの催告も要せず本広告サービスを終了することができるものとし、その際に相手方に損害が生じても、賠償責任を負わないものとします。
  5. 広告主及び当社は、第3項の規定により本広告サービスを終了した場合、自らに損害が生じた時には、当該損害の賠償を相手方に請求することができるものとします。

第27条(準拠法)

本約款の成立、効力、履行及び解釈には、日本国法が適用されるものとします。

第28条(協議義務)

本約款または広告掲載契約に定めのない事項については、弊社と広告主または広告取扱代理店との間で誠意をもって協議のうえ、解決するものとします。